ねっとりとネット

心、頭、体にねっとりとこびりついた「ねっとり」をねっとりと、ネットへくっつける。

美術のお勉強

ヌキノート:「ぼくは農民たちが畑を耕すように、ぼくはカンバスを耕しているのです」【新美の巨人たち『ゴッホ「糸杉」 <Art Traveler>片桐仁』】天貫勇

とくになんもしたくないな。さて、「ぼくは農民たちが畑を耕すように、ぼくはカンバスを耕しているのです」 ゴッホ「糸杉」 <Art Traveler>片桐仁 www.tv-tokyo.co.jp バックナンバー|新美の巨人たち:テレビ東京 twitter.com 新美の巨人たち (@binokyoji…

ヌキノート【日曜美術館「異端児、駆け抜ける!岸田劉生」】天貫勇

さて、存在を突き付けられる。 日曜美術館 「異端児、駆け抜ける!岸田劉生」 www4.nhk.or.jp 意識高い系・頭が良い当時の日本的な油絵では無く、西洋の本来の油絵を描こうとしていたのではないか? 静物画を描き始めたきっかけ結核の療養のため2年間、神奈…

『メスキータ』東京ステーションギャラリーにて。

さて、「メメント・モリ」=死を忘れるな。頭蓋骨を傍らに置いた。 『メスキータ』東京ステーションギャラリーメスキータの全貌を知れる日本初の展覧会。 www.ejrcf.or.jp みどころ 木版画とドローイング メスキータの最大の魅力は、木版画の力強い表現にあ…

『生誕125年記念 速水御舟』山種美術館にて。

さて、ご機嫌な蛾になって。 山種美術館『生誕125年記念 速水御舟』 www.yamatane-museum.jp みどころ 全点コンプリート!山種美術館所蔵の御舟コレクションを前期・後期の展示に分けて、10年ぶりに一挙公開!10代の作品から晩年の作品まで、120点にのぼる山…

『奇想の江戸挿絵 辻惟雄』 を読んで。

さて、美術のお勉強です。信じていると思っていたものは意外と適確には言い表せない。 『奇想の江戸挿絵 辻惟雄』 を読みました。 江戸後期の挿絵の魅力を「異界」「生首」「幽霊」「妖怪」「自然現象」「爆発と光」「デザインとユーモア」とピンポイントに…

『西洋絵画のひみつ 藤原えみり 著/いとう瞳 イラスト』を読んで。

さて、美術のお勉強です。 『西洋絵画のひみつ 藤原えみり 著/いとう瞳 イラスト』を読みました。 https://www.amazon.co.jp/dp/4255005133/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_4Fn8CbQ15SQTQ (amazonのページを貼ってみたけど、みんな上手く開けるのだろうか?ぼくだ…