ねっとりとネット

心、頭、体にねっとりとこびりついた「ねっとり」をねっとりと、ネットへくっつける。

2019年8月観た映画 特別に感想やおすすめが別にある訳でもない。 天貫勇

さて、
映画の主人公に憧れて、ブロンドパーマ・喫煙・ボーダーTシャツ・裾広がりジーパン・ブーツ・囚われない生き方をしよう。


2019年8月に観た映画

 13日(火) アングリーバード (字幕版)   

【 また観たい? アングリーバードのシリーズを観たい。 】

キレる・せっかち・爆発・威圧感・虚栄
トラブルだらけの鳥たちが鳥界を救う!

鳥しか出てこない、と思ってたら豚。今度は牛が出て来るのだろうか?
とにかくテンポが良いです。速すぎてついていけなくなりそうです。笑
最後にはなんだか感動してしまうのが、子供向けお馬鹿アニメのくだらない良さです。

 

 20日(火) デッド・オア・リベンジ (字幕版) 

【 また観たい? 観たいけど観たくない。観たくないけど観たい。胸糞です。 】

胸糞映画としては満点!!

 

 26(月) 殺人の追憶(字幕版) 

【 また観たい? YES 】

消えない記憶はいつまでも傷をえぐる。
忘れていたとしても何かの拍子にパッと思い出してしまい体を沸騰させる。

韓国の警官・刑事モノってとことん暴力的ですよね。しかも素手。とにかく痛めつけて血を流させて思い知らせる。体に覚えさせる。アメリカとかだとある程度弱らせたら銃でズドンととどめを刺すけれど。邦画の殺し方ってどうだろうか?格闘能力が高いわけでもないし、銃社会でもない。包丁を使った殺害方法が多いような気がする。隙を突いたり、ひと思いにズブリ。武士の名残りなのだろうか?

 

 27日(火) 永遠に僕のもの 

gaga.ne.jp

f:id:ehcts:20191007193730j:image

【 また観たい? 傑作★★★★★ 】

見惚れざるおえないブロンドの天使は誰のものでもない。

 

 

それではお先に(失礼します)!!
天貫勇 Twitter@kyoumu20181111

この世につまらない映画は無い。
つまらないと思うのはその映画から面白さを見つけられない自分がつまらないからだ。
毎週、最低1作品は映画を観るのが生業。