ねっとりとネット

心、頭、体にねっとりとこびりついた「ねっとり」をねっとりと、ネットへくっつける。読書しろ!映画観ろ!ドンドン THINK!!ドンドン FEEL!!

【『21世紀ホラームービー年代記(クロニクル)』全部観る。#1】当分「アナベル」と仲良くします。笑 天貫勇

さて、
当分「アナベル」と仲良くします。笑

 

ザッと簡単に計算すると「週2作品観る」

「映画を年間100作品観よう!」という多いんだか少ないんだか、やる気があるんだかないんだか、よく分からない目標を先月2019年11月中旬より掲げています。

「とにかくたくさん観よう!」では恐らく、たくさん観ることはできません(目標があればこそヒトは目標を逃げ出すことができますが・・・)。今まで週1映画を日課にしていたぼくにとっては、とりあえずの目安が「100作品」です。

 

年間100作品観るためには、ザッと簡単に計算すると「週2作品観る」を行えば達成できると考えています。

週2×4週間=1ヶ月8作品

8作品×12ヶ月=年間96作品

(残りの4作品は金曜ロードショーetc...で補えるはずです)

 

基本はAmazonプライムをヘビーユーズ。
月1回は映画館に足を運びたい(インドア、若干頻尿な為、映画館を避けている)。

 

 

「映画を年間100作品観よう!」に至ったのは、以下のBRUTUSをパラ読みしたのがきっかけです。

BRUTUS(ブルータス) 2019年11/15号No.904[映画特集 いま観る理由]

BRUTUS(ブルータス) 2019年11/15号No.904[映画特集 いま観る理由]

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2019/11/01
  • メディア: 雑誌
 

のんちゃんが表紙でございます。

 

その時の詳細は以下ブログにまとめてあります。
皆様お忙しいとは思いますがパラ読みして頂けたら嬉しいです。

『IT』をAmazonプライムで観た後、続きが観たくなったので上映中の『IT The END』をその日に映画館まで行って観た、暇人の話です。
暇人の職権乱用です。笑

amanuki-isamu.amebaownd.com

Friday No.36(38) そんな勢いがついていたので、2019/11/18は『ITの日』になった。 | Amanuki Isamu

 

 

何らかの方向性が必要だ

今までも「週1映画鑑賞」を個人的なプロジェクトとして行ってきましたが、2019年11月 から週2作品観るようにして早1ヶ月。

 

以下その記録。

www.netritonet.com

www.netritonet.com

 

今の所

  • いわゆる名作と呼ばれる作品の視聴率が低い。
    『ショーシャンクの空に』も今月初見。

  • 元来の記憶の悪さで初見じゃなくても大体おもしろがれる。
    記憶力がゾンビ以下なのでブログを書いています。

ので困っていません。

しかし「ただ映画を観まくるのは大変だ。何らかの方向性が必要だ」ということは思いました。

 

そこで以前、購入していた『別冊映画秘宝 21世紀ホラームービー年代記(クロニクル) (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)』(以下『21ホラクロ』)を手に取り、

「こんなかに載ってるホラー映画ったるモノを全部観る!観ようじゃねぇかい」と思ったのです。

別冊映画秘宝 21世紀ホラームービー年代記(クロニクル) (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

別冊映画秘宝 21世紀ホラームービー年代記(クロニクル) (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2017/07/20
  • メディア: ムック
 

21世紀に入り、往年の輝きをなくしたかにも思われるアメリカ製ホラー、果たして新しい波は生まれているのか?
そして新興するアジア、ヨーロッパの恐怖映画の群れ。その実態は?
巨大なブームは確かに去った。しかし、これだけはいえる。
ホラー映画は死なない。

(裏表紙)

 元々、ホラー映画を観るのに役に立てよう、と思って手元に置いていました。この期にこの本をロードマップ、羅針盤にして制覇したいと思います。

(最近ではiPad Proでイラストレーションを描く時、斜面を作るためにiPad Proの下敷きにしていました。笑)

 

「週2作品の内、1作品はホラームービーにする」のが当面の目標です(そんなペースでいつになったら終わるんだろか??)。

 『21ホラクロ』に紹介されている作品で1年以内に観た作品は基本的に観ない!!

 

 

ショック!戦慄!これが21世紀のホラーアイコンだ!

『21ホラクロ』では先ずはじめに「21世紀のホラーアイコン」の紹介があります。

 

  • アナベル:『死霊館』『アナベル 死霊館の人形』

  • ザ・ナン:『エンフィールド事件』

  • エンフィールドの幽霊:『エンフィールド事件』

  • ジグソウ:『ソウ』(シリーズ)

  • 食人伯爵:『ホステル2』

  • スタントマン・マイク:『デス・プルーフ』

  • レザーフェイス:『テキサス・チェーンソー』

  • ギョンチョル:『悪魔は見た』

  • 人喰い人種:『グリーン・インフェルノ』

  • エリ:『ぼくのエリ 200歳の少女』

  • エスター:『エスター』

  • シェーン・ドウ:『ジェーン・ドウの解剖』

 

こんなラインナップになっております。選ぶのが面倒なので正面衝突・記載順に観ます。

つまり、当分「アナベル」と仲良くします。笑

2019.12.24.tue

 f:id:ehcts:20191225151149j:plain

 

 

end...

 

それではお先に(失礼します)!!

天貫勇

個人的プロジェクト

  • 詩(みたいな文章)の創作。
  • イラスト☆令太朗:イラストレーション稼業。
  • 文化的オムニボア・ボヘミアンブロガー。
  • 毎週、美術館へ行く。
  • 映画鑑賞年間100作品2019年11月〜(週換算約2本)。

twitter.com

www.instagram.com

amanuki-isamu.amebaownd.com

polca.jp

www.netritonet.com

twitter.com

 

カルトムービー 本当に恐ろしいホラー映画 (メディアックスMOOK)

カルトムービー 本当に恐ろしいホラー映画 (メディアックスMOOK)

  • 作者:桂 千穂
  • 出版社/メーカー: メディアックス
  • 発売日: 2014/07/28
  • メディア: ムック
 
ホラー・ムービー史―恐怖・怪奇・幻想の全映画 (シネアルバム)

ホラー・ムービー史―恐怖・怪奇・幻想の全映画 (シネアルバム)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 芳賀書店
  • 発売日: 1986/11
  • メディア: 単行本