ねっとりとネット

心、頭、体にねっとりとこびりついた「ねっとり」をねっとりと、ネットへくっつける。読書しろ!映画観ろ!ドンドン THINK!!ドンドン FEEL!!

思いついたらやってみるだけ。『k.m.p.の金もーけプロジェクト。』 天貫勇

さて、
思いついたらやってみるだけ。 

 

『k.m.p.の金もーけプロジェクト。』
ムラマツ エリコ (著) なかがわ みどり (著)
 

「なにかできる!」と会社を勢いで辞めてしまったモノづくり大好きな二人。ぐるぐるしながらも突き進み、好きな事で仕事を作るプロジェクトの生存戦略コミック。

 

 

『k.m.p.の金もーけプロジェクト。』の見所

  • ノリでエジプトに行くことを決めちゃって、貯金して実際に行っちゃう話。
  • 気分転換方法の紹介。
  • バイト先にて「ダンボールで家をつくっている噂」が流れていた話。

 

思いついたらやってみるだけ。

 著者の「ムラマツエリコ」さんと「なかがわみどり」さんのお二人は『k.m.p.』というモノづくりのユニットです。『k.m.p.』=『金(k.)もーけ(m.)プロジェクト(p.)』の略。

『金もーけプロジェクト』と名前はやや怪しいが、ねずみ商法で効き目のよく分からない水を売ったり、裏でビックマネーを動かしているのではありません。

2人で毎週木曜日を「なんかしよう」の日にしたのが始まり。いろいろ「なんか(いわゆる習い事)」やってみた結果、粘土をこねる。そして「手づくりしたモノをフリーマーケットで売る」ことに辿り着きます。「好きなこと」=「モノづくり」を仕事にするようになる。

この本もお二人で協力して作品を作っているので文章・絵の担当が分かれているのではなそうです。

何かたのしいことをやろう、できればそれでお金を稼ごう、と
2人ではじめた活動のなまえ。

 

思いついたこと(発想)を実現すること(行動)、
その「くり返し」を「続ける」のが
k.m.p.のスタイル。(単純)

 

しごととあそびと生活の一体化
が、いちばんだいじなコト。

 

なかなかムズカシイことだけど
それをめざすことをたのしんでいる。(はず)

 

『k.m.p.の金もーけプロジェクト。』巻末・著者紹介ページより

 上記を実施している姿が『k.m.p.の金もーけプロジェクト。』でたっぷりと紹介されています。会社を勢いで辞めてフリーになったもののバイトをしながらの貧乏なモノづくり生活。ぐるぐる悩んだり落ち込んだりしながらも、小さなチャンスを掴んで前進してそれを続けていく。

その姿は生きていくってのは単純な事で「思いついたらやってみるだけ」なんじゃないのかなと思う。ビジョンを描く、決める、やる。忘れないようにとにかくメモっとく。以上。

 

 

 

▼twitterちょい感想▼

 

 

 

end...

 

それではお先に(失礼します)!!

天貫勇

 

www.netritonet.com