ねっとりとネット

ねっとりとこびりついた「ねっとり」をねっとりと、ネットへくっつけるネット。

呪い襲い殺す 2021/08/28

f:id:ehcts:20211028072310p:image

8/28(火)呪い襲い殺す

呪い襲い殺す(字幕版)

呪い襲い殺す(字幕版)

  • オリビア・クック
Amazon

海外版こっくりさんで、とんでもない悪霊を目覚めさちゃった映画。

 

【 ジャンル:ホラー/ミステリー】

【 ★★★★★★☆☆☆☆ 】

 

経緯

 2021年7月にアニャ・テイラー=ジョイ主演『ウィッチ』を鑑賞。そうしたら以前観たアニャ出演『サラブレッド』の記憶が蘇る。『サラブレッド』は正確にはW主演のような感じで、もう一人がアマンダ役のオリヴィア・クック。彼女が出演している作品を観たくなったもんで、初期(2014年)作品から観ちゃおうじゃないかってもんで、夏だホラーだって『呪い襲い殺す』をチョイス。両作品共にオリヴィアはデコ出しの似たような髪型なのに、印象が全然違くてスゴスゴ。

 

候補

 どっちも、まぁまぁ好みっぽい!!

シグナル(字幕版)

シグナル(字幕版)

  • ブレントン・スウェイツ
Amazon
テスター・ルーム(字幕版)

テスター・ルーム(字幕版)

  • ジャレッド・ハリス
Amazon

 

 

 こっくりさんを用いた、オーソドックスで地味めなホラー的設定ながら、ミステリー要素や人間の狂気が織り交ぜられ、楽しかったです。

友人が自殺した自宅で、その友人とコンタクトを取るために集まってウジャ(こっくりさん)したらダメでしょって感じて。もちろん徐々に悪霊が近づいてきて、次々と襲い殺されるんだけど、その工程はなかなかスリル。唇とか繊細な部分への攻撃は、観てるこっちも痛いので勘弁して欲しい。

一応、エピソード0的な悪霊の誕生秘話作品があるんだが、オリヴィアは出てないっぽいし、観るかは未定・・・。

▼観た人なら分かる▼

 

 

それではお先に(失礼します)!!

おおぬ菌

個人的プロジェクト

  • 文化的オムニボア・ボヘミアンブロガー。
  • 毎週、美術館へ行く(2020年4〜月自粛)。
  • 映画鑑賞年間100作品2019年11月〜(週換算約2本)。
    →2021年週1作品、年間50本目標。

 

★LINEスタンプ販売中/落書き稼業「イラスト★令太朗」★

store.line.me

 

★Follow me★

twitter.com