ねっとりとネット

心、頭、体にねっとりとこびりついた「ねっとり」をねっとりと、ネットへくっつける。

ヌキノート【新美の巨人たち 2019年9月21日(土) 小倉遊亀「浴女その一」「浴女その二」】天貫勇

さて、
「もの皆、仏」

 

 新美の巨人たち 
2019年9月21日(土) 小倉遊亀「浴女その一」「浴女その二」

2週連続で女性画家を特集!「人生100年!女の生き様」と題し、約100年にわたる画家人生を辿りながら、名画誕生の物語をご紹介します。2週目は、明治から平成にかけて105年の歳月を生きた日本画の巨人・小倉遊亀。 

  • 一度も洋服を着ることの無かった生涯。
  • 四万温泉
    重要なモティーフを見つける
    「タイル張りの浴槽をうごめく透明なお湯を見ていると、
    人の体も浴槽も線もさまざまな形に屈折して
    不思議な美しさを次々と展げて見せて呉れる」
  • 結婚を機に北鎌倉に住み始める。そして「絵を捨てる」。
     小倉遊亀43歳・小倉鉄樹73歳
    「先生」・「かあちゃん」と呼ぶ間柄。
  • 小倉鉄樹は「宇宙とつながっている人」
    「きんたまというやつは変なやつだな、
    無くてはならない大事な品だが股ぐらの間に隠れていて、
    人の邪魔にもならず、威張りもせずに、
    人間もきんたまのような人物になるまで
    修行を積まなくてはおもしろくない」
  • 「自分を捨てきることは、全部を得ること」
  • 余白
    「余白は名前から余白ですけどもねそれもひとつの形です
    余白の形がうまくいったら真ん中の人物の形もうまくいく訳です
    人物だけ上手にいって、余白がおかしいってことはありません
    石も草も人間も皆同じだと私はぼんやりと考えたけど
    余白というものはばかにできないなと思います」

 『浴女その一』には「一本の線」と言うことが全て詰まっている。直線・曲線・太線・細線etc...の線の形状。そして、冷たい線・あったかい線、ハッキリとした線・ぼんやりとした線、歪んだ線・かたい線etc...線の表情が浴場の空間に集まられている。体の線、タイルの線、水の線たちは普段ぼくたちが見ていると線を教えてくれる。

温泉に浸かってぼんやりとお湯を眺めたいなぁ。

 

 

それではお先に(失礼します)!!
天貫勇
Twitter@kyoumu20181111 
Instagram@kyoumu2018111
公式サイト:凶夢ハラスメント