ねっとりとネット

心、頭、体にねっとりとこびりついた「ねっとり」をねっとりと、ネットへくっつける。読書しろ!映画観ろ!ドンドン THINK!!ドンドン FEEL!!

2020年5月観た映画 特別に感想やおすすめが別にある訳でもないです。 天貫勇

さて、
年間100作品観るために最低週2で映画を観よう。

記憶力が悪すぎて、フライドチキン並みなんもんでブログを書いています。

 

外出自粛のため、週1で美術館に行く「アート・ストーカー」の活動が休止されています。その分の時間が映画を観る時間に交換されているます。

つまり映画を週3作品、観ています 。

 

 

2020年5月に観た映画

  • 2(土) パラノーマル・アクティビティ第2章: Tokyo Night
  • 4(月) ボーグマン
  • 6(水) 叫びとささやき
  • 9(土) 獣道
  • 11(月) リグレッション
  • 12(火) ナビゲーター
  • 16(土) 魔術師
  • 18(月) 魔女と呼ばれた少女
  • 20(水) 禁じられた遊び
  • 23(土) パラノーマル・アクティビティ/呪いの印
  • 25(月) インセプション
  • 27(水) ブレア・ウィッチ・プロジェクト
  • 30(土) 透明人間

 

 

 

▼2020年に観た映画の履歴▼

www.netritonet.com

 

 

 【 また観たい? 】の基準 

  1. YES
    ◎〜○。
    映画。心に残った映画。何度も観て味わいたい映画。

  2. 一度で満足。
    ○〜△。
    嫌いでは無い映画。機会があればまた観れる映画。
    誰かにおすすめはできる映画(別に誰にもおすすめしないけど)。

  3. NO
    ×。
    二度観ることは無いであろう映画(必ずしもつまらなかったり、嫌いなわけではない)。

  4. その他
    上記の基準には収まらない場合。


 【 ジャンル 】の基準 

簡潔に分かりやすいジャンル分けを心がけています。
 

 

 

 

 2(土) パラノーマル・アクティビティ第2章: Tokyo Night  

 

【 ジャンル: 】

【 また観たい?  】

 

coming soon....  

 

 

 4(月) ボーグマン 

 

住処を奪われた男と仲間たちが、金持ち家族の家庭をじわじわと侵食し、崩壊させ、破壊し奪って去る映画。

 

【 ジャンル: 世にも奇妙な話的サスペンス 】

【 また観たい? 一度で満足。 】

 

確実に説明が不足している--ボーグマンの目的と正体。背中肩甲骨付近の傷。肩のばつ印etc...と文句を言ってしまうとこの映画の感想「結局なんなの?よくわからん!つまらん」になります。評価が低くなり、星一つもしくは星を一つもつけたくない、となってしまいます。

そのような監督の不親切さ、解かれない謎にモヤモヤしてしまい、サウナの後の水風呂のような爽快感を映画に対して求めている人には一切おすすめできない映画です。

逆に、裏設定みたいなものをコネコネと捏造したりできる人、博学な方の中にはボーグマンについて考察をして楽しめるのではないでしょうか?

 

僕は先の読めない展開にただただ翻弄されてしまいました。ホラー映画として恐怖を味わえました。

 

(お金があり豪邸に住み、家族と一緒に美味しい食事を食べれる。 何不自由ないと言える生活はある日突然、予想もしなかったきっかけによって崩壊へ舵を切る。丈夫そうに見える骨の中身が骨粗鬆症によってスカスカのように、もともと保たれていたバランスは脆く、その後はいとも簡単に崩れ落ちてしまう。

この映画で崩壊へ舵を切ってしまったのは、風呂を使わせてもらいたいとやって来た長髪長髭で小汚く、悲壮感漂う浮浪者のような男を家に招き入れてしまったこと瞬間です)

 

 

 6(水) 叫びとささやき 

 

上流階級の3姉妹とひとりの召使い、それぞれの交差する先にある終着点には何があるのか?映画。

 

【 ジャンル: 純文学系 】

【 また観たい? 一度で満足。 】

 

ストーリーとしては単純なもんで、3姉妹の病気を患っていた次女が死んでしまい熱心に看病してくれていた召使いの女が解雇される。

その間にジャパニーズ昼ドラ的な人妻と年上医者の関係、熟年夫婦の営み、女同士の歪んだ関係性etc...が閉鎖的な人間関係が生んだ悲劇が、豪華な屋敷内--赤いカーペットの上、で繰り広げられる。

 

引き続き、イングマール・ベルイマン監督作品は注目です! 

 

 

 
 

 9(土) 獣道 
 (LOVE AND OTHER CULTS)  

 

誰かが壊れてしまう小さな街で生まれた僕たちはどうにかもがき苦しみながら生き延びて、生きていくための自分の居場所を求める映画。もしくは伊藤沙莉氏のことが忘れられなくなる映画。

 

【 ジャンル: 波乱万丈シューマンドラマをほんのりコメディタッチで 】

【 また観たい? 一度で満足。 】

 

展開が早くて目まぐるしい。

一応、伊藤沙莉さん演じる「愛衣」と「亮太」(須賀健太くん)とのダブルキャストってことになっていますが、行動の起点となっているのは「愛衣」。しかし「亮太」の視点を通した語り、心情で物語は進みます。そして不良グループのリーダー(名前忘れたごめん。マテンロウ・アントニー)の存在がストーリーに欠かせない。

その3名が順位争いをする競走馬のように各シーンで表情をみせる。

そして、さらに混乱源となるのが「愛衣」の人生です。こちらが普通じゃない。

愛衣の母は信仰マニアです。育児そっちのけで新興宗教らしきものにの盛り込み祈り続ける。その結果、愛衣ネグレクト的に教祖様がいるコミューンに入れられる。

そこでの生活は彼女にとって幸せなものだったと思われるが、教祖様の逮捕により愛衣は義務教育の中学生になる。

母はいまだに宗教一筋で、愛衣はグレてヤンキーグループとつるみ、かと思えば平和な一般中流家庭に帰省し、最終的に大人気AV女優となる。

これが事実を元にしているところがなおさら咀嚼に時間がかかり消化に苦労する。

しかしながら、こんなジェットコースターでも不思議と酔うことなく観終わる。

 

伊藤沙莉さんの女優魂と須賀健太くん、アントニーの童貞臭さに思春期の記憶を刺激されました。

 

 


映画『獣道』主題歌:「Miss PenPen」 餓鬼連合 (餓鬼レンジャー with 伊藤沙莉)

 

 

 

 11(月) リグレッション 

 

映画。

 

【 ジャンル: 】

【 また観たい? 一度で満足。 】

 

 

 12(火) ナビゲーター 

 

 

映画。

 

【 ジャンル: 】

【 また観たい? 一度で満足。 】

 

 

 16(土) 魔術師 

 

 

映画。

 

【 ジャンル: 】

【 また観たい? 一度で満足。 】

 

 

 18(月) 魔女と呼ばれた少女 

 

 

映画。

 

【 ジャンル: 】

【 また観たい? 一度で満足。 】

 

 

 20(水) 禁じられた遊び 

 

 

映画。

 

【 ジャンル: 】

【 また観たい? 一度で満足。 】

 

 

 23(土) パラノーマル・アクティビティ/呪いの印 

 

 

映画。

 

【 ジャンル: 】

【 また観たい? 一度で満足。 】

 

 

 25(月) インセプション 

 

 

映画。

 

【 ジャンル: 】

【 また観たい? 一度で満足。 】

 

 

 27(水) ブレア・ウィッチ・プロジェクト 

 

 

映画。

 

【 ジャンル: 】

【 また観たい? 一度で満足。 】

 

 

 30(土) 透明人間 

 

映画。

 

【 ジャンル: 】

【 また観たい? 一度で満足。 】

 

 

 

 

end...

 

 

Amazonプライムビデオでほとんどの映画を観ています。 

 

 

過去記事 

www.netritonet.com

www.netritonet.com

www.netritonet.com

www.netritonet.com

 

 

それではお先に(失礼します)!!

天貫勇

個人的プロジェクト

  • 文化的オムニボア・ボヘミアンブロガー。
  • 毎週、美術館へ行く(2020年4・5月自粛)。
  • 映画鑑賞年間100作品2019年11月〜(週換算約2本)。

twitter.com


amanuki-isamu.amebaownd.com

www.netritonet.com

twitter.com